セントビンセントノオハラ


青年海外協力隊20年度1次隊としてカリブ海に浮かぶ小さな国セントビンセントで活動してました。
by y-oharatti
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
Links

お金持ちの島・Mustique

Muntiqueはビンセントの一部だけれど、
MuntiqueCompanyという会社が島の全てを所有し、管理している。

島に出入りする船・飛行機はすべて乗客の名前がチェックされる仕組みになっているので、Companyが管理するリストに名前がなければ、留まる事ができない。

要するに、お金がないとできないこと。

この島にはミック・ジャガーやトミー・フィルフィガーの別荘があり、その他にもプールつきの別荘やプライベートビーチが並び、同じビンセントなのに、ここは全くの別世界なのだ。

こちら、トミー・フィルフィガーの別荘。の入り口。
b0138450_758659.jpg


でか過ぎて奥が見えな~~い! 大邸宅でした。

そう、ここにはお金持ち、しかもそんじょそこらのお金持ちではなく、
Millonaire(億万長者)が来る所なのだ。

協力隊の私には完全に場違いな島なのだが、今回、Mustiqueでレストランを経営するビンシーにお世話になり、ここに滞在する事ができたのだ。
彼はビンセントでは大実業家。彼の自宅のゲストハウスに泊めてさせてもらった。
b0138450_861151.jpg


b0138450_874061.jpg


以前に来たことのある隊員の話からも、どんな豪邸かと内心期待していたが、普通の邸宅。だが、庭もポーチもよく手入れがされていて居心地が良かった。Beachまで徒歩10秒、彼のレストランまで1分の立地。彼が管理する別荘ではなく、彼の自宅のゲストハウスを使わせてくれた事は、彼の誠意なのかもしれない。

なぜなら、どの部屋にも鍵が皆無。玄関もフリーパス。
それだけ安全な島なのだが、自分の家に外国人を泊めてくれ、自由に出入りさせてくれる彼。
やはり、タダ者ではない。
b0138450_811583.jpg


b0138450_9203174.jpg


美術品やアートが大好きで、世界中から集めてくる彼。
これはどこから持ってきたんだろう・・。
b0138450_8122937.jpg



by y-oharatti | 2009-04-10 23:51
<< Mustiqueという島 Mustique上陸 >>