セントビンセントノオハラ


青年海外協力隊20年度1次隊としてカリブ海に浮かぶ小さな国セントビンセントで活動してました。
by y-oharatti
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

SBA(School Based Assessment)

いよいよやってきたForm5P.EクラスのSBA
生徒一人ひとりに"Role"と呼ばれる役割があり、スポーツ大会を運営するのが課題。この学年は”ソフトボール・クリケット”を選択。

日本ではあまり馴染みのないクリケットだが、イギリスや昔イギリス王国連邦であった国々では結構盛んなスポーツ。ビンセントでは日本のプロ野球並みの花形スポーツ。本当はラム皮の硬球でやるのだが、”ソフトボール”なので、テニスボール。


ルールを簡単に言うと、自陣のウィケットを守り、かつ打撃で得点を競うもの。
b0138450_702677.jpg


野球と違うのは、塁がなく、全員が投げ、全員が打つ。1回アウトになったら、戦線離脱。
b0138450_715382.jpg



私が心配していた”人集め”。日本のように全クラス対抗ではなく、それぞれのハウスか選ばれた生徒が出場するので、そんな心配は全くいらなかったのだ。要は、やる気のある子・出来る子だけがやる。ここに日・ビンの認識の大きな違いがあった。

それはさておき、朝から準備をしたり、それぞれの役割を果たすためにせっせと働く生徒たち。
b0138450_78246.jpg

普段、本当にLazyなヤツも今日ばっかりは違った。
Form5に進級して、成長したね。

そして・・・・。
b0138450_7114234.jpg

Ms.は感動しました。

ゴミはあっちゃーならんモノだ、自分たち(主催者)が拾うモンだ、と彼らが認識している。続けてきて良かった。

半日の予定がランチも食べずに1日がかりになったが、生徒にとっては本当に有意義な時間になった。カリブ海統一で行われているCXC、各国の取り組みや運用状況に課題はあるが、基本的な知見はそれほど間違っていないのではないかと思う。

ビンセントにおいて、体育CXCをこのように生徒に実施させる事のできる教師が数える程しかいない事は、大問題であるが。

SBAが終わると、後はCXC本番に向けた試験勉強が始まる。丘の下にとって創立初となるCXC。放課後の補習も始まり、準備万端である。
心配なのは丘の上。お~い、いつSBAやるんだ????

by y-oharatti | 2009-10-23 23:50
<< 独立30周年 庶民の足、バン >>