セントビンセントノオハラ


青年海外協力隊20年度1次隊としてカリブ海に浮かぶ小さな国セントビンセントで活動してました。
by y-oharatti
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

さよならはまだ。

活動終了が刻一刻と迫り、丘の下の行事の都合で、今日が最後の授業の丘の上クラスがあった。年度当初から手を焼いてきたが、次第に落ち着いて話を聞けるようになってきたクラスである。

ケビンが所用で遅れたので、今日は特別に私からのメッセージがあると告げ、

私はもうすぐ日本に帰ること、これからの体育の授業は先生が一人になること、このクラスの頑張っている点これからも努力して欲しい点などを伝えた。

いつもだったら私一人だと騒がしくなるのだが、本当に神妙な顔をして聞いている生徒たちを見ていたら、続けてきた事は決して無駄ではなかったと心から思えた。

最後に、私はビンセントが大好きで、この国がより良くなって欲しいと願っている事、みんなはビンセントの未来、だからしっかり勉強してよりよいビンセントを作ってほしい、と話をしめた。

話が終わると拍手をしてくれ、「Ms,Good bye」と言ってくれたので、「Good Bye はまだだよ。」と返すのが精一杯だった。


ケビンが来てから、いいタイミングで中間成績の発表があり、身にしみて勉強しないとマズイな、と一瞬ぐらいは思ったに違いない。どれだけ行動に移るかはわからないが、種は蒔きはできた。


====================================

「Ms,日本語まだしゃべれる?」と聞かれた。ベラベラだよ。

by y-oharatti | 2010-02-23 22:52
<< 学校スポーツ・デー Pan Against Crime >>