セントビンセントノオハラ


青年海外協力隊20年度1次隊としてカリブ海に浮かぶ小さな国セントビンセントで活動してました。
by y-oharatti
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
Links

丘の上、最終日?

「Yukoのためにみんなで用意してるから、絶対12時に来てね!」
と言われ、丘の上に行ってみると、なんとスクール・オーバー!

学校を休みにして、私の送別会をしてくれた。

いやはやなんともはや・・・。


生徒も先生も、スクール・オーバーで幸せなのだ。
私の送別会で、みんなが幸せになってくれて何よりである。大事なところが抜けているが。

ま、たまにはいいでしょう。


実際にはみんな食べて飲んで、ダラダラして、何のパーティーなんだかサッパリわからないような、いつもながらのビンセント・パーティーだったが、JICA事務所の隣の高級ホテル?のプール・サイドを借りてパーティーをしてくれ、何だかんだで1人$35ECずつ会費として払ってくれたそうだから、本当にありがたい限りである。

挨拶をしながら、なーんか涙が出るかなー、と思っていたけど、みんなの顔をみていたら、涙よりも笑顔になった。ホントに生粋のビンシー、根っから明るく何事も正直な人たちだった。

本当に色んな面で大変な学校だったけれど、最初から最後まで私の事をSur nameで「Ms,●●●」と呼ばず、人懐こくYuko,Yukoと呼んでくれたのは、ここの人たちだった。最近では生徒たちまで、「Ms.Yuko」と呼ぶようになっていた。
b0138450_853869.jpg



活動先の選別という選択肢もあったけれど、関わり続けて本当によかった。

今日で最後、と思ってたのに、「月曜の集会で生徒に挨拶をしてね。その時に記念品も渡すわ」集会には出ない方向で、話まとめてあったじゃーん!!


やっぱりここは、丘の上。


====================================

ケビンにウォッカ飲まされた。やる事がまだまだ若いな、ケビン。
校長曰く、「ケビンは子どもの頃から頭がイカれてるわ。」(ケビンは元教え子)

by y-oharatti | 2010-03-05 23:51
<< 30周年記念コンサート スタッフ・レース再び。 >>